認知症介護の負担を軽くする方法があります!

歩行介助もの忘れ、知的能力の低下、それに伴い行動異常や様々な精神症状が起きる認知症。もし、家族が認知症になったら介護する人の負担は想像を絶する大変さです。認知症の主な症状だけでも次のようなものが上げられます。

同じことを何度も話す、同じことを何度もする、新しいことが覚えられなくなった、テレビの内容が理解できなくなった、食後に食事をしていないと言う、火の不始末、嘘をつく、慣れた道で迷うようになった、徘徊、自分の家にいるのに家に帰りたがる、人を取り違える、睡眠覚醒リズムの乱れ(昼夜逆転)、怯え・鬱・体調不良・乱暴、入浴したがらない、いつも探し物をしている、物盗られ妄想、嫉妬妄想、まとまりの無い作業や話(仮性作業)、奇妙な言動、夜間の興奮、幻覚、不要な物を買い込む、窃盗、おもらし、不潔行為、過食、異食、不要な物の収集、卑猥な言動、等々。


人によって症状の出方には違いがあって、詳しい対処の仕方は専門家に相談するのが一番ですが、少しでも介護の負担を軽くしないと、介護する人が倒れてしまいます。何か良い方法はあるでしょうか?


突然訪れる認知症患者のアクシデント

認知症の症状に伴う様々な危険性が想定されますが、介護する人が想像もしなかった事件や事故が起きることがあります。
突然やってくる認知症介護時のアクシデント

セコム(SECOM)が認知症介護の負担を軽くします!

認知症の高齢者との付き合いは毎日続きます。いつも完璧な介護をしようとしてもなかなかうまくいきません。介護を頑張りすぎる故にいつもイライラしていると、そのイライラが高齢者に伝わり、結果として認知症の介護がうまくいきません。しかも、高齢者の介護は1日24時間体制で365日続きます。いつ介護者自身が追い詰められても不思議ではありません。そんなあなたをセコム(SECOM)がサポートします。

もちろん、セコム(SECOM)が直接認知症の介護を行ってくれる訳ではありませんが、セコム(SECOM)のサービスを上手に利用することで認知症の介護の負担を軽くすることが出来ます

ペンダント型のマイドクターで緊急通報

ホームセキュリティのセコム(SECOM)なら、ペンダント型の「マイドクター」を握るだけで救急信号をセコムに送信するので、急病や怪我などの時でも、お年寄りが自分で通報可能です。

押しやすさを追及したペンダントタイプの救急ボタン「マイドクター」

ココセコムで居場所を確認

いつのまにか徘徊をされてしまうと、さあ大変。事件や事故などに巻き込まれないうちに早く発見をしなければなりません。近所の人達や警察などにも協力をしてもらえると発見も早くなるのでしょうが、そうもいかない時もあります。そんな時はココセコムを使います。普段からココセコムをお年寄りの首から下げるなどして身に付けさせておきます。万が一、徘徊などで行方不明になった時は、パソコンや携帯電話で居場所を確認。要請によりセコムが現場に急行します。

火災からガス漏れまで、異常を監視

火の不始末認知症になると記憶力や判断力が低下するので、ガスコンロの火を消し忘れたり、風呂を空焚きしたり、火の付いたタバコをそのままゴミ箱に捨てたりなど、通常なら考えられないような火の不始末を繰り返す場合があります。お年寄りには火やガスを使わせないこともひとつの方法ですが、それが出来ない時もあります。火災・ガス漏れの監視もセコムが行うので、緊急の時でも速やかな対応が可能です。



セコム(SECOM)のその他のサービス

セコムメディカルクラブ

セコムメディカルクラブは、24時間365日無料で健康相談を受け付けています生活習慣チェック(健康度チェック、ボーンクラーク<骨粗しょう症の予防・改善>、生活習慣カウンセラー)、セコムの看護師が丁寧にお答えする電話健康相談サービスなど、セコムメディカルクラブの多様なサービスを24時間365日無料で利用出来ます。


常に無事を見守る「ライフ監視機能」

生活動線(トイレやお風呂や台所など、生活をしていれば必ず通る場所)に設置したセンサーが人の動きを感知し、一定時間以上、動きを感知できない場合に異常と判断して、セコムに異常信号を自動的に送信します。お年寄りが徘徊に行ってしまったことを知らせるシステムとしても利用出来ます。


セコム(SECOM)の資料請求は無料です!

これだけしっかり高齢者のことを見てもらうと費用もかなり高いんじゃないかと思われがちですが、案外そうでもないんです。

セコム(SECOM)には様々なプランがありますが、月々の料金が最も安くなるプランでは、、、

3,240円(税込)から(マンションの場合)

4,860円(税込)から(一戸建ての場合)

ほら、思っていたほどには高くないと思いませんか。3,240円で介護の負担を減らし、笑顔で高齢者の介護が出来るようになれば、介護する側も介護される側も幸せな毎日が過ごせるのではないでしょうか。

資料請求をしても、セコム(SECOM)の営業マンがしつこく何度も訪ねてくるようなこともありません。しつこい営業の電話もかかってきません。まずは気軽に資料請求をしてみましょう。何かあってからでは遅いですよ。さあ、今すぐ資料請求を!

高齢者の安全・安心はセコム(SECOM)から!
↓ 無料の資料請求はこちらです! ↓


>>> セコムとアルソックを比較検討したい方はこちら! <<<


セコム会社概要  セコムサービス概要 

【運営者】